印刷豆知識

印刷について

サイズ

用紙

加工について

その他

印刷について

オフセット印刷

版の表面に凸凹はなく、化学的な処理で版部分が作られ、インキと水の特性を利用した平版印刷。印刷と言えば、以前はオフセット印刷をさしていましたが、デジタルデータ普及の影響からCTP印刷が現在は主流となっております。インキをブランケットに一旦移してから 紙に転写するのでオフ(off)セット(set)という。現在の平版印刷は特殊なものを除いて、このオフセット形式が主流。

オンデマンド印刷

「要求に従って(必要な時に必要な部数を印刷する)」という意味の印刷方式で、フィルムや刷版を作らず、プリンターのように印刷します。 改訂の多い印刷物や一部分だけ変えたものを出力したい場合など、小部数のみの印刷時に向いています。年賀状・挨拶状など、大量に印刷する必要の無いものや自費出版物などを出力する時によく使われています。

オーバープリント

オーバープリントとは、色の上に別の色を重ねて印刷することを指します。 前面にある色と背面にある色とが混ざって印刷されている状態のことです。「ノセ」ともいいます。 下地の色が濃く、その上にスミの文字をのせる場合に、下地の色と文字の間に白い隙間が空いてしまうのを防ぐことができます。オーバープリントは意図的にした場合には問題はありませんが、色が重なることでスミが濁った感じになる場合があります。

グラビア

凹版印刷のうち写真技術を応用し製版を行った凹版での印刷。写真・図版によく用いられる。

グラビアオフセット印刷機

一般のグラビア印刷機は版胴から直に紙へインキ転写させるのに対し、版胴からいったんブランケット胴にインキを転写させ、それを印刷する印刷機の事である。

グラビア印刷機

印刷3方式の一つ。凹版のうちのグラビア版胴を備えた印刷機。微細な濃淡が表現ができ写真印刷に適しいる。

ゲラ刷り

元は活版組版の用語で、組版してゲラに入れたものを、ゲラごと校正印刷機にのせて刷った「校正刷り」の事である。

スクリーン印刷

孔版印刷の一種。枠に紗を張り、画線部以外の部分の目を樹脂などでつぶしたスクリーン版を用いて、版の紗面からスクィージの擢動によってインキを押し出し印刷する方法。

スクリーン印刷機

スクリーン印刷を行う印刷機。平面用と曲面用があり、平面用では紙、プラスチック、プリント配線基板などの印刷が行われ、曲面用はびん、コップなどに印刷される。

センタートンボ

トンボにはいろいろな種類があるが、製版や印刷工程における印刷物の天地・左右の中央の位置を示すトンボをいう。

デジタル印刷

原稿となる文字・画像などのデジタルデータをフィルムなどの中間媒体を使わないで直接刷版または被印刷物に出力する印刷技術。

ドットゲイン

印刷をするさい、印刷版の網点の面積が印刷物のインキの面積とは一致せず、一般には印刷物の網点の面積の方が大きくなる。この大きくなった状態をいう。印刷時の圧力が強い、インキが軟らかいとドットゲインは大きくなる。よい印刷再現を得るにはドットゲインをできるだけ小さくすることが大切である。オフセットの場合、輪転印刷は枚葉印刷と比べると大きい。印刷版を作る工程であらかじめ網点を小さく再現させておくことが通常行われている。

トンボ

製版、印刷工程で、工程内の品質管理の指標、印刷体裁の指標および製本加工の指標として使用するマーク。

ベタ

印刷の濃淡は網点の大小で再現させるが、網点面積100%すなわち全面にインキがついている状態をいう。

マイグレーション

印刷物を巻取りまたは重ねた場合に、インキ皮膜に接した基体の背面部にインキ成分が移行して変色する状態。

凹版

版面の凹んだ部分にインキを満たして印刷する版。凸版、平版とならぶ基本的な3版式の一つである。

凹版印刷

版面の凹んだ部分にインキを満たして印刷する印刷方式。凸版印刷、平版印刷とともに基本的な印刷方式である。写真技術を利用した凹版印刷をグラビア印刷と言う。

凹版輪転印刷機

凹版印刷に用いる輪転印刷機。版胴に凹版版面が巻きつけられ、加圧機構を輪転式にしているため大量生産向きである。紙幣・切手・有価証券類の印刷に用いられる。

下版

校了になった組版を、清刷、紙型取り、印刷などの次工程へ移すこと。

活字組版

活字、込め物、罫線などで組まれた凸版印刷用の版。線画凸版、網凸版なども含む。

活版

活字を組み並べて作った印刷用の版。とくに小説などの文章物に多くみられる。

見開き

書籍などで、収容すべき罫表または、図版が大きすぎるか、または割付の指定により、1ページに収まらない場合には、分割して向かい合った2ページにまたがって入れる。このような印刷物またはその版面を見開きという。

校正

印刷物を印刷する前の段階で、校正刷の誤りや体裁上の不備などを原稿と照らしあわせて訂正する事である。

校正機

校正刷を印刷するために印刷機を簡単な構造にした機械の事。

校正記号

印刷物を校正するときに用いる記号の事。

校了

校正が完了すること。校正者や編集者または著者によって校正された校正刷は印刷会社に戻され記入された赤字の指示にしたがって差し換えなどの訂正が行われる。再校、三校を重ねて校了となるが、印刷して差し支えない状態によれば、校了とし朱書きするか「校了」の押印をする。一部印刷会社の責任において訂正する箇所があれば責任校了として印刷会社にもどす事。

校了紙

校正を完了して、印刷可能な状態の校正紙の事である。

差込印刷

文書の一部に他のファイルのデータ、例えば文書の内容は変えずに、宛名を差し換えながら印刷をすること。

再校

初校戻しの赤字を直した2度目の校正あるいは校正刷。

再版

書籍の出版で初版の発行後同一版で再び出版すること。正しくは再び製版し直して印刷、出版する場合をさす。

刷版

実際に印刷機に取り付けて印刷するための版。

刷了

全部の用紙を刷り終え、印刷機から版をはずしても支障のない状態のこと。

色校正

色指定した部分がその通り印刷されているかをチェックする作業。色校正には簡易校正と本紙校正があり、最終確認をした上で、本格的な印刷にかかる。写真のメリハリや質感が大切な印刷物の場合、時間をかけても本誌校正の方が向いている。「本機色校正」であれば、色校正と本刷を同じオフセット印刷機で使うために、よりズレのない印刷が可能です。

色再現

原稿の色(色相、彩度、明度)が印刷でどのように再現されたかということを指すのが色再現。カラーリプロダクションともいう。

特色

印刷の基本色であるCMYKでは表現できない時に調合されるインクの事

凸版インキ

凸版印刷に用いられるインキの総称であり、凸版の印刷版面から直接に紙その他の印刷素材に転移される方式に使われるインキ。

凸版印刷

凹凸のある版の凸部にインキを付け、紙などに押圧してインキを転移して印刷する法。

納本

印刷会社が注文主に対し、印刷を完了した書物を納入すること。印刷会社が印刷を完了した書物の一部をクライアントに見本として納めること。

版残り

印刷中に、版、ブランケット、ローラー面にインキや紙粉がパイルする現象。

版離れ

スクリーン印刷において、印刷時に発生する現象。

平台グラビア印刷機

銅板に製版したグラビア版を平台印刷形式の版盤にのせ、ドクターを用いてグラビア印刷する機械。グラビア印刷の初期の機械で、現在は使用されていない。

平台印刷機

一般的には輪転機など丸版使用の印刷機に対して、平らな版を版盤にのせて円筒形の圧胴で押圧しながら印刷する機械をいう。

平版

印刷版式の一種。版面に明確な高低差がなく、画線部は新油性、非画線部は親水性で、版面に水とインキを交互に与えると水と脂肪が反発しあう性質を利用して印刷する方法。

平版グラビア

通常グラビア印刷機は版胴から直接紙などに印刷するが、平版グラビアでは版胴から印刷紙などに直接印刷されず、版胴と接しているゴム胴に一度転移させた後、被印刷物に印刷する方式で、合板などの厚い被印刷物の印刷に使用される。

平版印刷機

平版の印刷に用いる印刷機の総称。オフセット印刷機と、直刷印刷機とに分類される。現在では直刷印刷機は石版印刷機だけで、ほとんどがオフセット印刷機であるため、オフセット機のことを意味する。

平面印刷機

紙、フィルムなど、平面形状の被印刷体に印刷するスクリーン印刷機。曲面印刷機に対する名称。

補刷

印刷が終了した時点で、印刷物に脱落また色調の再現ミスなどが生じた場合、再度その印刷物に刷り加えること。

本機刷り

校正刷りを行うために使う校正機ではなく、本番の印刷で使う印刷機で印刷すること。オフセット印刷の場合、校正機は平らな版、圧胴に円筒状のブランケット胴でインキを転移させ紙に印刷するのに対し、本機は円筒状の版、ブランケット胴、圧胴を使用して印刷する。

本刷

印刷機に版面を取り付けて、見当、色調などの調整を行い、機械校正を終了し本紙に印刷すること。

落丁

ページ物を丁合いするさい、折丁の一部が足りないまま製本された状態、または印刷物が指定の部数だけ完成しないこと。

落丁刷

製本の時、注文部数だけできなかった場合、折丁の不足分を追加刷りして不足部数の製本を行うこと。

輪転印刷

各版式に用いられる印刷方式で、版も用紙も円筒に巻きつけ、双方を回転させながら連続的に印刷する方式をいう。凸版輪転印刷機とオフセット輪転印刷機、グラビア輪転印刷機などがあるが、近年の輪転印刷機は両面4色が印刷できる方式が主流になっている。

サイズについて

マージン

書籍などの各ページの、本文や見出し類が印刷された部分の周辺にできる余白部分。

糊しろ

折丁を貼り込む場合、糊のつく部分としてのど側に残した余白部分。糊しろのない折丁(のどのきわまで印刷した折丁)は、これを貼り込んだときに印刷インキの樹脂分が糊をはじいて接着力が弱くなり、はがれてしまう。

仕上がり寸法

実際に本、チラシ、カレンダーなどになるときの大きさで、断裁機にて裁つ際、目印となる裁ちトンボの内側の大きさ。

端物

はがき、伝票、名刺、表類など、ページ物でない、体裁の一定しない印刷物。

渡り

組付けのさい、のどを中心にして左右に並んだ2ページの版の、左側の版の左端から右側の版の右端までの寸法。

版づら

刷物の判型から周囲の余白を除いた、本文や見出しの活字・罫線類が印刷される部分を版づらという。

連量

1連の紙の重量。わが国ではキログラムで表す。

用紙について

アートポスト

光沢のある厚手のアート系用紙で、主に絵はがきや私製はがきなどに使用される。厚みのある用紙なのでカタログや冊子の表紙に使われることもあります。

アート紙

印刷用紙の一種で、紙の表面に塗料を塗布することにより印刷光沢、印刷不透明度などを高めた塗工紙。これによって、印刷物により質感や高級感を与えることができます。光沢を出した紙(グロス系)は光沢が高く、写真中心とした印刷に適しています。一般的に高級カタログ・カレンダー・ポスターなど多く使用されています。

エンボス紙

表面に凹凸がある用紙。雄型と雌型の間にはさみ、紙やクロスに対して加圧して文字 や絵柄を凹凸の模様に浮き出させる加工方法をエンボス加工という。印刷した文字や図柄などの型通りに凸面状態にすることを浮き上げとか浮き出しという。

ケント紙

イギリス・ケント地方で初めて製造された画用紙紙、純白で紙質は硬い、おもに製図に使用され、日本では名刺、カレンダーにも用いられている。

コート紙

片面もしくは両面にコート剤を薄く散布、印刷時光沢があり彩度が高くカラー再現性に優れている。

ファンシーペーパー

美しい意匠を施した装飾用紙の総称。艶紙、マーブル紙、パール紙、型つけ箔押紙、レース紙、シルクスクリーン印刷紙、花模様印刷紙などがある。

ヤレ

印刷し損なった印刷用紙の総称。

再生紙

明確な定義はなく、グリーン購入法では、古紙配合率が70~100%の情報・印刷用紙、白色度が70%程度の非塗工紙としている。

損紙

印刷中、種々の要因により発生する実用に供しない用紙のことで、印刷した損紙を黒損、印刷前の白紙の損紙を白損という。

本紙

最終製品となる正式の用紙で、本刷りに用いる用紙。印刷会社では、試刷紙・校正紙・調肉紙などに対して使う。

加工について

くるみ

製本工程のなかで、表紙を中身に取り付け作業。

くるみ表紙

一枚の表紙材料で中身をくるみ、三方を仕上げ断裁する仮製本様式。

とじしろ

本などを綴じるためにあらかじめ少しあけておく、紙などの端の部分。

プレスコート

表面加工の一つで、印刷物表面に高級感のある滑らかな鏡面光沢を与える加工法。

ペラ丁合い

1枚ものの印刷物(ペラ)を丁合いすること。

マスキング

多色印刷をするさい、カラー原図の色調や階調を忠実に再現するために、写真製版工程において各種の修整を行うこと。

割付

組版作業を行うために、印刷物の判型のスペースに文字郡や図形、写真などの配置を決めることをいう。

合紙

2枚以上の紙を貼り合せる加工。通常、印刷した紙を板紙と貼り合わせて、厚みや強度をもたせる目的のために行う。

差し替え

校正の訂正指定に従って、組版中の活字、込め物、インテル、罫線などを差し替えて、版の訂正を行うこと。

作字

2本または3本の活字の不用部分を削って、必要部分を組み合わせて特殊な漢字を作る作業、またはその合成活字。

糸かがり

製本法のひとつ。折丁を1折ごと糸でとじ合わせていくので、接着剤のみで留める他の方法に比べて強度があるため、ページが多く厚みがある辞典や、頑丈に綴じたい場合に使う方式です。

本の中身の厚さ。本文用紙・装丁材などの種類が決まると、これを用いて白紙のまま数冊試作し、これを束見本という。

束見本

印刷物を製本する際、中身の厚みを確認するために、本文用紙・装丁材を用いて試作する見本。

袋掛け

刷り物を折ったときに小口が袋になるような版面の掛け方。

台割

ページ物印刷をするとき、印刷機1台によって一度に印刷されるページ数に、総ページ数を分割すること。

丁合い

折丁をページ順にそろえ、1冊分ずつまとめる作業。手作業で行うのが手丁合い、丁合い機で行うのを機械丁合いという。

箔押し

表紙に直接金箔、色箔などを接着すること。

抜き型

紙器打抜き加工において、所要のカートンブランク形状に打ち抜き、筋付けを行うための、切れ刃と押し罫を備えた雄型。

平とじ

仮製本のとじ方の一つ。中身ののどの近くを側面から針金でとじるとじ方。簡便なとじかたであり、雑誌などに広く用いられる。

別丁

本文中あるいは本文の前後にとじこんだり、はりこんだりする本文とは別刷りの付属の印刷物。口絵、扉、中扉、折込などを総称していう。

無線とじ

丁合いされた刷本を針金とじせずに接着剤だけで折丁の背を結合する方式。電話帳や各種単行本のほか、一部の雑誌に採用されている。

面付け

製本工程における折加工で折本が正しいページ順になるように、原版を貼りこむこと。

その他について

CMYK

CMYKはシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)とキー(Key)から頭文字1字を取ったもの。カラー印刷に使用される表現形式。

EPSファイル

1ページの組版情報を記述するポストスクリプト言語プログラムで、通常、別のポストスクリプトの記述の中に組み込むことができる。ポストスクリプト言語で書かれたデータを異なるアプリケーション間で使用するために作られたフォーマット。

RGBカラーモデル

色の特性を示すカラーモデルの一つ。一般的にはHSV(色相、彩度、明度)、RGB(赤、緑、青)、CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、墨)などのモデルが使われるが、その中で光の3原色を用いたのがRGBモデル。これは3つの原色を加えあわせることで白色が作られることから加法混色ともいわれる。

グラビアインキ

グラビア印刷に用いられる溶剤蒸発乾燥型インキ。

パントンカラー

米国のパントン社の商品名で、印刷物やデザイン製品などの色彩決定に用いられる。

ハード・プルーフ

ディスプレイ画面で見られる「ソフト・プルーフ」とは異なり、紙に印刷したモノクロやカラーの校正刷りをいう。

ひげ

印刷物の不適正なしあがり効果の状態を表現したもので、画線部の周囲に短いひげ状に発生したインキのはみ出し。

ひじわ

オフセット輪転印刷機において、ドライヤー加熱の影響により発生する波状の用紙のしわ。

ヒッキー

印刷物がところどころ環状に抜ける現象。版面あるいはブランケット表面に異物がついた状態のときに発生する。

ページ物

ページ数の多い、体裁の一定した印刷物で、端物に対していう。組版仕様が一定している読物である書籍が代表される。

モアレ

幾何学的に規則正しく分布した網点、または線が重なり合ったときに生じる斑紋もことで、重なり合うスクリン角度が15度以下になると、モアレ模様がめだつ。

ルビ

ふりがな用活字、またはふりがなのこと。五号活字のふりがなである七号活字が、欧文活字でルビーと称されていた約5.5ポイントの活字とほぼ同じ大きさであったことからきている。

奥付

書籍や雑誌の本文最終ページに、書名・発行年月日・著者名・発行所名・印刷所名・定価などがまとめて記載されているページのことを奥付(おくづけ)という。

黄変

オーバープリントワニスや淡色インキの印刷面が経時と共に黄味に変色すること、ブリキ印刷の焼付け乾燥によって黄味に変色すること、紙自体が経時で変色することをいう。

解像度

画像データの細かさドット再現画像の分解可能なこまやかさの程度。 一般的にディスプレイが72dpi、印刷物が300dpi以上など メディアによって必要とされる解像度が変化していきます。

階調

原稿、ポジティブ、ネガティブなどのもつハイライトからシャドーの階調、最も濃い部分から最も薄い部分の事。

活字

活字組版に用いる方形柱状の字型。素材として鉛を主体とした合金、銅、木、合成樹脂などに字形を刻み、何度も印刷できるようにしたものです。

色合わせ

指定色の見本に合わせてインキの量や調合を調合すること。通常、見本の主体色を判断しその主体色のインキを中心に他の色のインキを混ぜて作る。

紙折機または輪転印刷機の折機により、印刷物は折りたたまれる。この折られたものを折丁とよぶが、この折丁において小口の一部が折り目になった部分をいう。

読み合わせ校正

対校ともいい、2人が1組となり、1人が原稿を読み、1人が校正刷りを見ながら校正する方法。

内校

内部校正の略。発注者に校正紙を提出する前に、制作側が内々に校正する内部校正のことを略して内校(うちこう、ないこう)という。

入稿

印刷するための原稿を印刷会社へ渡すこと。

補色

二つの色光を合成したときに、白色光になる二つの色の関係をいう。たとえば、シアンと赤、マゼンタと緑、イエローと青の関係を互いに補色という。

網掛け

文字や画像の指定した範囲に均一なパターン(模様や網点)を加えることである。文字列に対して簡易な着色が施されるため、見出し語を目立たせたりする効果がある。

網点

印刷物の上に色の濃淡を表現するために用いる点。網点の間隔を狭く、点を大きくすれば、色は濃く見え、逆に間隔を広く点を小さくすれば、色が薄く見える。濃い色を表現する際、網点のサイズは小さいまま、網点の集合密度を高くすることによって、より高品質な印刷を行うことができる。

網点形状

階調再現に用いる網点の形状。ラウンドドット、スクエアードット、チェーンドット、エリプティカルドット、ハニカムドットなど多くの種類があります。

PAGE
TOP